面長に合うメガネとは?顔の幅や長さを引きしめる

縦幅が長いメガネがおすすめ

面長に合うメガネは横幅より縦幅が長いメガネです。横幅が大きいメガネを選んでしまうと、目から下の輪郭が強調されてしまい、面長が目立ってしまいます。そうなってしまうと顔の比率に対してメガネが小さく見えてしまい、違和感が出ます。その為、メガネをかけた時に顔上と顔下が同じ比率に近いメガネを選ぶことが大切です。

メガネ下のレンズが大きいフレームはウェリントンやボストン、アンダーリムがあります。どの種類のメガネも縦幅の比率が長く面長の人におすすめですが、シーンによってデザインを変更ことで、相手に与える印象を変えることができます。例えばビジネスシーンの中で大事な会議の時はスーツを変えるのと同じで、メガネを変えることで相手に好印象を与えます。

面長の人が似合うメガネフレームの特徴

ウェリントンはレンズのフレームは角が丸みのある台形で、上側よりも下側が長い形をしています。どこのメガネ屋にも売られている定番の形で種類が豊富です。フレームが太めなので相手に与える印象が強くなりやすいです。またボストンは丸い形をしているメガネです。細いフレームから太いフレームまで種類があり、やわらかい印象を与えます。バランスが取れている形なのでファッションとして使用でき、全体の雰囲気を崩さず好きなコーディネートを楽しむことが可能です。

その他に面長に似合うデザインとしてアンダーリムがありますが、レンズ上のフチがないメガネなので、服と合わせるのが難しいです。ただしシャープな印象を与えるメガネなので使いこなせば面長な印象をカモフラージュしてくれます。